尼崎市のクリーニング店 口コミで評判、仕上がりが違います!毎日屋クリーニング店

意外とご存知ない?

意外とご存知ない?

お預かりがほぼ同時期で、別々の三人のお客様ですが、

ジャケット、コート等、三着同じようになっていました。

背中のスリット、「ベント」と呼ばれる部分です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

三点共、「しつけ糸」がついたままですね
ヾ(・ω・`;)ノ

休日に街を歩くと結構な確率で後ろに「×印」がついたまま歩く人を見かけます。

これらはわかりやすく白糸で止めてありますが、まれに同色の糸を使っている場合があります。

次はこれ。

画像の説明

袖のラベルですね。

新品の時にお店でずらっと並べて掛けておいても、メーカー名や素材がよく分かるようにする為に袖に付けています。

最後にこれ。

画像の説明

ちょっとわかりにくいですが、
ポケット口を塞ぐようについているしつけ糸がついたまま、というのも時々見受けられます。

さいわい、これは外から見えませんが。

これらは全て買ったら全部外すものです。

新品の時からの型くずれを防ぐために付けています。

ただし、ポケットには物は入れない、入れたくない、という人はポケットのしつけ糸に限ってつけたままでもよい、と言う人もいます。

これを読んでくださっている方の中にはいないとは思いますが、

特に、後ろの「X」と袖のラベルは外しましょうね、カッコ悪いですよ!




【この記事を書いている人】

平櫛貴夫

平櫛 貴夫
(毎日屋クリーニング店 店主)

兵庫県尼崎市でクリーニング店を営んでおります。
地域の方から頼りにされ、地域に恩返しできるクリーニング店を目指し、「洗い」と「仕上げ」にこだわりを持って運営しています。

> 詳しいプロフィールはこちら




コメント


認証コード9509

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional