尼崎市のクリーニング店 口コミで評判、仕上がりが違います!毎日屋クリーニング店

どうしても、私たちが伝えたい事。

どうしても、私たちが伝えたい事。

5月13日のテレビから。

有吉ゼミという番組で、

クリーニング工場を紹介していました。

東京のポニークリーニングさん。

その一番面です。

お直しの紹介です。

ダッフルコートのループ部分が合成皮革でできており、

劣化して傷んでいるので、

交換作業をしている一コマです。


画像の説明

その通り、

合成皮革は3年程度で劣化します。

何度もこのブログで書いていますが、

テレビで紹介されると説得力が違いますね。

これは、

服の購入金額、ブランドネームにかかわらず、全く同様に劣化します。

高価なブランド物もそうでないものも同じ、ということです。

合成皮革、と限定したように書いていますが、

いわゆる、ストレッチ素材

いわゆる、ボンディング

いわゆる、樹脂プリント

いわゆる、接着

いわゆる、コーティング

ぜーんぶ全く同じです。

何度も同じことを言いますが、

一張羅、なんて言って出し惜しみしてないで、

次のシーズンには、

どんどん着用して、オシャレして、

「消費」しちゃいましょう。




【この記事を書いている人】

平櫛貴夫

平櫛 貴夫
(毎日屋クリーニング店 店主)

兵庫県尼崎市でクリーニング店を営んでおります。
地域の方から頼りにされ、地域に恩返しできるクリーニング店を目指し、「洗い」と「仕上げ」にこだわりを持って運営しています。

> 詳しいプロフィールはこちら




コメント


認証コード5774

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional