尼崎市のクリーニング店 口コミで評判、仕上がりが違います!毎日屋クリーニング店

クリーニングに出したって汚れが落ないじゃない!

クリーニングに出したって汚れが落ないじゃない!

これも衝撃的ですね〜。

でも、かなり以前からよく聞くフレーズの一つですね。

このからくりは、まず、

[ドライクリーニングとはいったいなんぞや]

から説明しなければなりません。


クリーニング屋さんがドライクリーニングというものを

皆さんにちゃんと説明してこなかったのがダメなんでしょうね。

そもそも、ドライクリーニングとは、

とクリーニング業界人の方以外で説明できる方は何人いらっしゃるでしょうか?

ドライクリーニングは石油などの溶剤を用いて水をほとんど使わずにウール素材などの衣服を型崩れさせずに洗うクリーニング方法です。


洗濯機のドライコースとは全く違います。


どんな洗剤を使っても
ご家庭での洗濯機のドライコースはあくまでも水洗いです。

ただ、ゆるい水洗いです。

「おうちでドライクリーニングができます」

っていう触れ込みで洗剤が売り出されていますが

色々な添加剤が入った、水洗いの洗剤です

ドライクリーニングは、ほぼ水を使わないから「ドライ」なんです。

溶剤を使って洗いますから、油汚れにはめっぽう強いんです。

ウールの背広も型崩れすることなく洗うことができます。
シワも驚くほど少なく機械から出てきます。



反面、水溶性の汚れには弱く、

そのまま洗っただけではほとんど落ちません。

水溶性の汚れの代表的なものに「汗」があります。

例えば黒のTシャツに汗をかいて、

白い地図のようになったものを、

ドライクリーニングしても、

前処理しなければ「地図」は落ちずにそのまま機械から出てきます。

ただ、汗の中の皮脂汚れ(油汚れ)は

ドライクリーニングによって落ちているので、

水につけるだけで汗ジミは綺麗に取れます。


私の説明は荒っぽくて下手くそなんですが、

これが、

「クリーニング屋に出してもで汚れが落ちない」、

「家で洗った方がキレイになる」

って言われる原因です。

じゃあ、ドライクリーニングと水洗いの両方やってくれたらいいじゃない!

という声が聞こえてきます。


はい、それがダブルクリーニングです。

ドライ、水洗い、両方で洗うからとても手間がかかります。

手間が掛かる分、料金もかかります。

このブログで、

評判の良い個人のお店に出しましょう、

って何回も言っているのは、

ドライクリーニングをする前に「前処理」という工程が必要になるのですが、

大手のチェーン店のクリーニング店ほど、この処理が構造上苦手なんです。

前処理工程(当店のホームページより)。
背広の襟部分をドライクリーニングで汚れが落ちやすくします。

クリーニングに出したって汚れが落ないじゃない! 毎日屋クリーニング店


きっとあります。

近所の評判の良い個人のクリーニング屋さん。

ただ、こういうクリーニング屋さんは、

ホームページを持ってないお店が少なくありません。

アナログな探し方も試してみてください。




【この記事を書いている人】

平櫛貴夫

平櫛 貴夫
(毎日屋クリーニング店 店主)

兵庫県尼崎市でクリーニング店を営んでおります。
地域の方から頼りにされ、地域に恩返しできるクリーニング店を目指し、「洗い」と「仕上げ」にこだわりを持って運営しています。

> 詳しいプロフィールはこちら




コメント


認証コード4843

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional