尼崎市のクリーニング店 口コミで評判、仕上がりが違います!毎日屋クリーニング店

へー、洗ってから付けると思ってた!

へー、洗ってから付けると思ってた!

先日、店頭でクリーニングする服にタグ付けしている時に、

ちょうどお客様が来店されました。


今日のお題は、

それを見ていたお客様がおっしゃいました。

クリーニング屋さんでは当たり前の事で

たいして気にもしてなかった

クリーニングタグ。


タグは紙でできているから、

洗ったらボロボロになるはずなので

絶対洗ってから付けるものだ、

と思っていたらしいです。


名前も付けずに洗って、

なぜ間違わずにつけられるのだろう?

と疑問に思っていたそうです。


このクリーニングのタグ、

どんなに洗っても破れません!

その名も、「耐洗紙」といいます。


お店によって色々な色や種類のタグを使いわけます。

ほら、当店のような小さなお店でも

これだけの種類のタグを使っています。

へー、洗ってから付けると思ってた!


このように、必要枚数をちぎって使います。

へー、洗ってから付けると思ってた!

紙がクリーニングに耐えられても、

書いた字が消えてはなんにもなりません。

そこで、

へー、洗ってから付けると思ってた!

このタグに記入するのも、専用のこのペンで書きます。

当店のはゲルインクタイプですが

ボールペンや、サインペンタイプもあります。

これで書くと、

溶剤を使うドライクリーニングで洗おうが、

水洗いで強く洗おうが消えません。


いかがですか。

クリーニングの仕事に携わった方しか知らないですよね。

ちなみに当店は、このタグに番号ではなく、

お客様の名前を直接記入して管理します。




【この記事を書いている人】

平櫛貴夫

平櫛 貴夫
(毎日屋クリーニング店 店主)

兵庫県尼崎市でクリーニング店を営んでおります。
地域の方から頼りにされ、地域に恩返しできるクリーニング店を目指し、「洗い」と「仕上げ」にこだわりを持って運営しています。

> 詳しいプロフィールはこちら




コメント


認証コード6810

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional