尼崎市のクリーニング店 口コミで評判、仕上がりが違います!毎日屋クリーニング店

ウールのセーターをご家庭で手洗いする方法

ウールのセーターをご家庭で手洗いする方法

当店にお問い合わせいただく内容で

トップと言っていいほど多いのが、

「おうちでウールのセーターを洗ったら縮んだ、

なんとか元に戻せないか?」

とういうもの。

詳しく伺うと、

そのほとんどで

間違って洗濯機で洗ってしまった、

ちゃんと洗濯機のドライコースで洗ったのに、

という答えが返ってきます。

細かい解説は抜きにして、

ウールのものを水で洗うと縮む、

というのはもちろんご存知だと思います。

たとえそれがドライコースであっても、

ウールのセーターにとって

洗濯機洗いは

とてもとてもキツイ洗いなんです!


そこで今回は、

コロナだし、時間あるし、

いっちょやってみっか、

っていう方もいるかな?

ということで、

ちょうどWクリーニングでお預かりした

カシミヤのセーターがあるので

お客様の許可を得て

ご家庭でウールのセーターを洗う方法を

写真で解説してみたいと思います。


まず、洗いたいセーターを簡単にたたみます。

自分でやってみる

自分でやってみる


必ずクリーニングネットに入れましょう。

自分でやってみる

セーター1枚なら、洗面器で十分。

洗剤は必ず計量して。

くれぐれも入れすぎ注意。

量は必ず、多めより少なめ。

洗剤を入れたら、しっかりかき混ぜます。

自分でやってみる


洗剤液ができたら、ネットごとセーターを浸け込みます。

自分でやってみる

上の写真のように優しく、優しく、押し洗い、押し洗い。

10回も押したらもう十分です。

すすぎは洗面器の水を3回ぐらい替えて押し洗いします。

絞る時は下の写真のように絶対にひねって絞らないこと!

型崩れ、変形、収縮の元です!

自分でやってみる


また汚れが気になるからといって、

下の写真のように絶対にゴシゴシしてはいけません!

部分的に収縮してしまいます!

自分でやってみる


次は脱水ですが、

洗濯機の自動ではなく、

マニュアル操作で脱水できる場合は

洗濯機を使って、脱水時間は1分。

えっ1分だけ?

はい、それで十分です。

長時間の脱水は、

これも収縮の原因になり、

型崩れの原因にもなります。

洗濯機の脱水が使えない場合は、

下の写真のように

重ねたタオルにはさんで優しく押して

水分をタオルに移してください。

タオルの場所を変えて2回も押せば

かなり水分は抜けるはずです。

自分でやってみる

こんな感じで。

自分でやってみる

干すときも注意点があります。

普通にハンガーにかけて干してしまうと

セーターの自重で部分的に伸びてしまうことがあります。

今回は100円ショップで売っている

バスタオル用ハンガーを利用して

下の写真のように

重さが分散するように掛けました。

また、ウールは日光が苦手なので

必ず陰干しで。

自分でやってみる

ここで「手アイロン」をしておけば

乾いてからが非常に楽です。


以上、いかがでしょうか?

ちなみに、

宣伝するわけではありませんが、

この洗い方で落ちない汚れは

クリーニング屋さんに任せた方が無難です。

そして、

あくまで自己責任で。

少しでも不安な時は

必ずプロのクリーニング屋さんに相談してから洗うようにくださいね。



【この記事を書いている人】

平櫛貴夫

平櫛 貴夫
(毎日屋クリーニング店 店主)

兵庫県尼崎市でクリーニング店を営んでおります。
地域の方から頼りにされ、地域に恩返しできるクリーニング店を目指し、「洗い」と「仕上げ」にこだわりを持って運営しています。

> 詳しいプロフィールはこちら




コメント


認証コード5739

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional