尼崎市のクリーニング店 口コミで評判、仕上がりが違います!毎日屋クリーニング店

だからどっちが正解なの!

だからどっちが正解なの!

まずは写真をご覧ください。

これは

ある、麻のブラウスに付いている

ケアラベルです。


だからどっちが正解なの!

上の表示と下の表示と見比べてください。

上は元々のメーカーがつけた表示。

下は輸入元?がつけた表示。


漂白剤の使用法だけが同じように❌がついているだけで、

あとの表示は全部違いますね。


外国で作られた製品に時々見られます。


メーカーは40度を上限とする、水洗いができる、

という表示をつけているのに対し、

輸入元が付けた表示は水洗いができない。


メーカーはアイロンは中温で

輸入元はアイロンは低温で


メーカーはドライクリーニングができない

輸入元は石油系のドライクリーニングができる


メーカーは、タンブラー乾燥できない

輸入元は復帰用語でタンブラー乾燥禁止


これは平成27年12月以前の旧表示なので、

特にこういうことが起こりやすかったです。

昔、旧表示ではメーカーの推奨表示、

いわば、こうして取り扱ってほしい、

という要望のようなものでした。

新しい表示は限界表示、と言って

その品物が耐え得る一番強い洗い方を

表示しなければなりません。

(未だにわかっていないような表示をするメーカーも、多々ありますがね)

全く正反対じゃないですか!


いったいどっちを信用すればいいの?


はい、

私たちクリーニング店は、

例外はありますが

ほとんどの場合、

外国の表示に倣います。


この場合は特に「推奨表示」ですから。

この推奨表示も

色々面白いお話もありますが長くなるので、

今日はこの辺にしておきます(笑)


日頃のお洗濯でわからないことがあれば

どうぞ遠慮なく当店にお問い合わせください。


できれば現物を見ながら

お話させていただきたいです。

説明大好きですから。

話しが長くなったらごめんなさいm(_ _)m




【この記事を書いている人】

平櫛貴夫

平櫛 貴夫
(毎日屋クリーニング店 店主)

兵庫県尼崎市でクリーニング店を営んでおります。
地域の方から頼りにされ、地域に恩返しできるクリーニング店を目指し、「洗い」と「仕上げ」にこだわりを持って運営しています。

> 詳しいプロフィールはこちら




コメント


認証コード5631

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional